栃木産業保健総合支援センター

 栃木産業保健総合支援センターは、厚生労働省所管の独立行政法人労働者健康福祉機構が運営する全国47都道府県に設置された産業保健総合支援センターの1つで、平成5年から労働者の健康確保を図るため、事業場で産業保健活動に携わる産業医、産業看護職、衛生管理者をはじめ、事業主、人事労務担当者等の方々に対して、経験豊富な専門スタッフが産業保健に関する様々な相談、実践的かつ専門的な研修、最新の産業保健情報の提供等、事業場の産業保健活動の活性化を図る拠点として活動しています。

 また、産業保健総合支援センターの地域窓口として、地域産業保健センターを設置しています。地域産業保健センターでは、労働者数50人未満の産業医の選任義務のない小規模事業場の事業主やそこで働く人を対象として、労働安全衛生法で定められた保健指導などの産業保健サービスを提供しています。

 栃木産業保健総合支援センターは、ワンストップサービスによる「産業保健スタッフの活動へのサポート」や「小規模事業場の事業主やそこで働く人への産業保健サービス」を通じて、すべての人が健康で元気に働けることを目指しています。

 皆さまのご利用をお待ちしております。

トピックス

最新研修・セミナー情報

栃木産業保健総合支援センターでは、産業保健に関する新しいテーマのセミナーを無料で開催しております。

カンファレンス形式や測定機器を用いた実地形式など数多くのセミナーを準備しておりますので、是非ご参加ください。

ページの先頭へ戻る

ご相談・お問合せ